タクシーの基礎知識 | 求人を探す時に気をつけなければいけないことを把握する

求人を探す時に気をつけなければいけないことを把握する

タクシーの基礎知識

タクシードライバーとして働く時の基礎知識

近年では、第二の職業として、定年後にタクシードライバーになる方が増えています。このタクシードライバーは、他の職種と違い、勤務体系がとても変わっています。その勤務体系は、大きく二つに分かれます。まずは、隔日勤務と呼ばれるものです。これは、最もポピュラーな勤務体系です。通常、1回の勤務で、最大で21時間続けて働くことになります。そのため、翌日は必ずお休みになります。 次に、夜日勤があります。これは、夜間の勤務となり、昼間の時間帯は勤務することがないのが特徴です。毎日勤務することとなり、週に2日休日を取ることができます。 それと、タクシードライバーの給与体系も、一般職とは異なります。ほとんどの場合、固定給にプラスして歩合給がつきます。ですから、完全出来高制の給料といえます。

働く為に必要な資格とは

タクシードライバーとして働くためには、絶対に二種免許が必要です。これは、タクシーのように料金をもらってサービスを提供する場合は必ず必要です。この二種免許を取得するためには、普通自動車免許を取得してから3年以上経過していなければいけないです。なので、18歳以上で普通免許は取得可能なので、タクシードライバーとして働くためには21歳以上である必要があります。 その他にも、地理試験に合格する必要があります。これは、東京都の23区、三鷹市、大阪の特別な地域で働くために必要な資格です。試験では、その地域内にある主な道の名前、施設名などが出題されます。このテストは全部で40問あり、そのうち32問に正解すると合格となります。